新築と中古のメリットとデメリットは?

中古住宅

中古住宅のメリット

新築と中古のメリットとデメリットは?【中古住宅のメリット】
● リフォーム済みの場合、新築同様の住まいを手に入れられる
● 自分好みに改築・改装がしやすい
● 建物の価格が安くその分リフォームや設備にお金を回せる
● 新築物件よりも立地面での選択肢が多め
● 手抜き工事などの症状が現れているケースが多く発見しやすい
● 築年数以外の条件が同一なら、新築よりも価格自体は安い

中古住宅のデメリット

新築と中古のメリットとデメリットは?【中古住宅のデメリット】
● 建物に関する書類や設計図面などが揃っていない場合も多い
● 以前は他人が住んでいたという事実が気になる人には不向き
● 同じ築年数でも住んでいた人によって、建物の劣化の程度が様々
● 予算がつかみづらく、想定外の出費を強いられるケースも多い
● 耐震性が不十分な物件もある(昭和56年以前のものは特に)
● 建物のデザイン自体が古めかしいことがある

新築住宅

新築住宅のメリット

新築と中古のメリットとデメリットは?【新築住宅のメリット】
● 中古住宅よりも税制面で幅広い優遇措置
● 想定外の出費は中古にくらべ比較的少ない
● 物件の引き渡しを受ければすぐに入居が可能
● 最新の住宅設備やセキュリティなどを導入していることが多い
● 建築業者による保証やアフターサービスが受けられる
● 住宅寿命が昔よりも長くなっている(耐久性能の向上)

新築住宅のデメリット

新築と中古のメリットとデメリットは?【新築住宅のデメリット】
● 隣家をどんな人が買うのかで、住み心地に影響がある場合もある
● 開発地では、全体工事完了後に周辺環境が変わることがある
● 住宅設備が新しい分、中古に比べて物件の価格が高い
● 新築建設中の場合、すぐに入居ができない
● 注文住宅ではない場合、建売物件は似たような物件が多い
● すでに出来上がっていて内装が変えられないことがある