マンションと一戸建てはどっちが良い?

かかる費用

安心して住み続けるための【マンション】にかかる費用

マンションと一戸建てはどっちが良い?【安心して住み続けるための【マンション】にかかる費用】
●マンションには修繕積立金がかかります。
修繕積立金とは、建物の共有部分の工事費用にあてられるものです。長期間にわたって想定される工事計画に使われる額が修繕積立金として設定されます。

●月々の支払いに管理費駐車場代が別途必要になります。
マンションでは基本的には管理費が発生します。駐車場も専用でついていないところも多く別途契約となり駐車場代も必要になってきます。また、マンションによっては駐輪場にも費用が発生する場合も。

長く住み続けるための【一戸建て】にかかる費用

マンションと一戸建てはどっちが良い?【長く住み続けるための【一戸建て】にかかる費用】
●一戸建てを新築で建てるためにかかる費用があります。
一戸建てでは土地を所有するため、水道の供給するための水道加入金や、特約火災保険料の負担が多くかかってきます。

●長期間住むため、老朽化した建物の修繕費用が発生します。
建物の老朽化を修繕を行う際に費用が発生します。修繕部分のみが出費として発生しますが、一戸建ては所有部分の範囲も広いため、特に中古物件の場合は見えない部分が老朽化して思っていた以上に費用が発生してしまうことも…。

住みやすさ

便利で住みやすい【マンション】の特長

マンションと一戸建てはどっちが良い?【便利で住みやすい【マンション】の特長】
管理がしっかりしている
分譲マンションには管理人が常駐していたり、定期的に管理人が巡回します。共有部分は定期的に清掃され、きれいに保たれており、また防犯カメラやオートロックなどもありセキュリティに関しても安心できます。

立地が良い場所にある
比較的便利な場所に建っているのがマンションです。近場にスーパーなどの商業施設が集まったエリアがあったり、車を利用せずに公共交通機関や徒歩などでも気軽に出かけられるようになっています。

建物構造がしっかりしている
建物の耐震構造など、マンションは構造的にもしっかりと建てれていて主に木造で立てられる一戸建てに比べ比較的性能が高いものが多くあります。

自由で住みやすい【一戸建て】の特長

マンションと一戸建てはどっちが良い?【自由で住みやすい【一戸建て】の特長】
●土地を持てるので資産になる
自分の資産としてその場所を持てるため、ずっと自由に使えるのが一戸建ての大きな利点です。そのため、建物や庭などその土地の管理は全て自分で行うことになります。

駐車場代が発生しない
一戸建ての場合は自分の土地内に駐車場スペースがあれば自由に駐車できるため、駐車場代が一切かかりません。駐車スペースが足りなければ、庭に余分なスペースがあれば庭を駐車場に工事したりすることもできます。

騒音や振動を気にしなくていい
集合住宅ではないため、足音などの物音に敏感にならなくても大丈夫です。近隣に響くような騒音はだめですが、子供が走り回っても苦情などを気にせずに生活が出来ます。