リフォームとリノベーションの違いって?

リフォームとは

リフォームとリノベーションの違いって?【リフォームとは】
【リフォーム】とは、一般的には老朽化した建物を新築の状態へ戻すことをいいます。外装の塗り直しや壁紙など内装の張替え、キッチンなど水周りの設備の変更などがリフォームに該当します。わかりやすく言えば、壊れていたり汚くなったり老朽化してしまった部分を直したり、キレイにしたり新しくすることをいいます。

リノベーションとは

リフォームとリノベーションの違いって?【リノベーション(リノベ)とは】
【リノベーション】とは既存の建物自体に大規模な改修・改装工事を行い、より住みやすい環境へ住宅性能を上げることをいいます。耐久・耐震性を高めるために壁の補修を行ったり、仕切りなどをなくしたりキッチンやダイニングを広くするための間取りの変更などが【リノベーション】に該当します。新築以上の性能に向上する場合に使われます。

リフォームとリノベーションは何が違う?

工事の規模

リフォーム工事の規模は?
住まいをキレイにするための工事
○クロスを張り替える ○フロアを張り替える
○キッチンを新しくする ○バスルームを新しくする

リノベーション工事の規模は?
住まいを便利にするための工事
○デザイン性を高める ○間取りを変える
○建物の耐久度を高める ○排水管・暖房設備などを新しくする

住宅の性能

リフォームをした住宅の性能は?
単に老朽化した部分を修繕していくだけなので、そもそもの住宅の性能は変わりません。

リノベーションをした住宅の性能は?
住宅の性能を高めるための工事を行うため、必然的に住宅の性能が良くなり住みよい環境を整えることが出来ます。

★住宅の性能というのは、「耐震性」「構造の耐久度」「配管の状態」「省エネ設備」「換気などの空気環境」「防犯対策」「遮音環境」など、住宅に対する住みやすさの性能が該当します。

資産価値

リフォームをした中古住宅の資産価値は?
新築状態に戻すだけなので、資産価値は新築時に比べるとトータル的に見て資産価値は低くなってきます。

リノベーションをした中古住宅の資産価値は?
住宅性能を向上するための工事を行うため、新築時よりも性能が上がり、【リフォーム】物件に比べ資産価値が高くなることがほとんどです。

★中古物件だからといって全てが古く性能が低いというわけではありません。

工事費用

【リフォーム】と【リノベーション】では、改修・改装工事の規模が異なるため、工事費用にも大きく差が出てきます。

工事内容にもよりますが、マンション・戸建てどちらも、【リフォーム】の場合は数百万、【リノベーション】の場合は1000万近くかかることも。

★当サイトではすべて【リフォーム】または【リノベーション】済みの物件を取り扱っていますので、工事費用を気にすることは一切ありません!(※追加工事は対象外)